Timo Sarpaneva i-102 ball grass “AROMA”(LILAC) tumbler M

¥6,380

Timo Sarpaneva(ティモ・サルパネヴァ)にとって初めての日常使いのプロダクトである"i-line"シリーズの中で、アートとプロダクトの中間として発表されたi-102。吹きガラス(マウスブロー)の技法により職人の手で一点一点丁寧につくられた球体状のこのグラスは、1957年のミラノトリエンナーレで自身二度目のグランプリを受賞しました。1983年まで iittalaで製造(1968年からはクリアのみ)され、1973年より『AROMA』の名称にて販売されました。

ブランド/メーカー: iittala
商品名:i-102 ball grass “AROMA”(LILAC) tumbler M
デザイナー:Timo Sarpaneva
サイズ:H:70mm φ:75mm
製造国:デンマーク
年代:1957-1968
状態:目立つ傷や汚れ等なく、良いコンディションです

【ヴィンテージ品について】
こちらの商品はヴィンテージ品です。経年による微細な傷や染み、チップ(欠け)や気泡の混入やカトラリーによる擦れ痕、釉薬のムラ等のヴィンテージ品特有の風合いが見られる場合がございます。商品の状態をよくご確認の上ご購入をお願いいたします。気になる点などはお気軽にお問い合わせください。

 

Timo Sarpaneva i-102 ball grass “AROMA”(LILAC) tumbler M

¥6,380