ONE KILN

―このひとつの窯さえあれば、どんなアイディアだって表現できる、誰とだって一緒にものづくりができるはず―そんな想いからうまれた、陶芸作家 城戸雄介氏による陶器ブランドONE KILN。「食卓に太陽を THE SUN TO A TABLE」をテーマに、食卓を囲むひとびとが笑顔になるような器つくりを行っています。桜島の火山灰を釉薬に用いた「ASHシリーズ」や、城戸氏の故郷である美しい海と山に囲まれた薩摩半島の最南西端「坊津(ぼうのつ)」の土を使用した「CULTIVATEシリーズ」など、鹿児島の自然の恵みを最大限に活かした彼の作品は、他ではない質感や絶妙な色合いが魅力です。