stojo

2014年ニューヨークでブランドがスタートした「stojo」。 ブランド名である「stojo(ストージョ)」とは、英単語stow(場所・容器にしまいこむ)と、コーヒーを意味するスラングのJOEを組み合わせた造語です。 創設者のジュリアンがニューヨークに引っ越した際、街中の至るところに大量に捨てられているコーヒーカップのゴミの山を目の当たりにしました。 その光景を目にし「自分の子供達に誇れる何かをしたい!水がきれいで、空気が美味しくて、ごみが落ちていない道路があった時代を取り戻したい!」と思ったことがきっかけとなり、 シリコン製でコンパクトに折り畳める、そしてデザインにも優れたコーヒーカップは誕生しました。 一度限りの使い捨てカップが毎年5000億個も焼却処分、または埋め立てられている私たちの地球。 そんな地球と共存し、環境への配慮のためにも気軽に持ち運べるstojoをひとつ、手に入れてみませんか。 現在、有名コーヒーチェーン店や一部のコンビニでは、マイカップを持参することで10円から50円ほどの値引きを受けられます。 お得にコーヒーが飲めてゴミ削減にも役立ちます。stojoでマイカップ習慣を始めて頂けたら嬉しいです。