胸を開いて肩甲骨ストレッチ

背中全体を後ろに反らして肩甲骨ストレッチ。猫背で丸まった 背骨が本来のS字カーブへと導かれ、姿勢のゆがみ補整を期 待できます。また、前に出がちな首も理想的なゆるい後ろ向き のカーブへとストレッチします。
そのまま両腕をゆっくり真上に上げていくと、コリ固まった肩 甲骨まわりの筋肉がゆるまり、押圧突起がより深くまで届くよ うになります。